2007年06月08日

初心に帰って

私がはじめてホームベーカリーを手にしたのは、ちょうど10年前、エムケーのHBS401という型番の機種です。今は廃盤になってしまってますし、自宅にももうないのですが(別のお家でおそらく現役)、これにかわる機種のHBS403っていうのが、うちにはあります。

これは、すごーくすごーくシンプルなHBで、4時間の食パンコース、2時間の生地コース、4時間40分のフランス食パンコースの3つしか機能がありません。もちろん、ついていて当然な機能の「ミックスコール」もナシです。さらに、言わずと知れた、音の大きさもなかなかのものです。

でもやはり、愛着があるんですよね、私にとっては。

仕事柄、各メーカーの最新機種はほとんど使わせていただいているので、最近のHBは多機能だし高性能だなーと感じます。殊に「ホシノ天然酵母対応」に関しては本当に進化しました。手間はかからず時間をかけて、美味しい天然酵母パンが出来上るのですから、ね。私もふだんはいちばん新しいHBを使っています。

そんなことを考えていたら、シンプル機HBS403でホシノのパンを焼きたくなって、、、即実行。

こっちは専用コースはないため、手間も時間もかかります。
けれど、味わい深いパンの出来上がり!です。

20070608.jpg

初心に帰れたひとときでした。

posted by Mariko at 09:05| Comment(2) | パン
この記事へのコメント
こんばんは!はじめまして!
私も10年以上前のMKのHBS401をまだ使ってます
最近は生地コースだけ使って、それも途中でとりだして適当に1次発酵を終わらせてしまってます。新しい機械がほしいですが、愛着があって壊れるまでは使いたいと思ってます
Posted by みわっこ at 2007年06月11日 23:26
■みわっこ さん
はじめまして、ようこそ!
HBS401、お持ちの方に読んでいただけたら嬉しいな、と
思って書いていたので、コメント嬉しかったです。
すごい!まだまだ現役ですね。
みわっこさんに使ってもらえて、HBクンは幸せだと思います(^-^)
家電製品は、古いものほど壊れにくいってありますよね。
昔のほうが頑丈に作られていたような、そんな気がします。
Posted by まりまり at 2007年06月12日 08:29