2007年01月29日

キャラメルパンプロセス撮り

今清水先生のフォトレッスンも、残すところあと2回。終盤に入りました。

この講座では、最終回までにプロセス写真入りのレシピカードを仕上げるので、そのための写真を、段階的に準備して毎回持って行きます。

前回からは、プロセス写真にとりかかっています。私は、一人でパンを作りながら三脚&セルフで撮ってみたものの、ダメ写真しか撮れず、先生に見ていただくも、う〜む、って感じでした。それもそのはず、出来上がり写真も「手持ち」が基本だと教えていただいているのですから…。
先生からは、工夫次第で一人でも撮れると言われたのですが、どうしても作業の「手」を写したいので、今回は助っ人を頼み、撮ることにしました。

助っ人は、息子。
「子どもが作るパン」をコンセプトに路線変更しました。試作なしでいきなり撮影です。子どもは飽きっぽいので、リハーサルなんてできませんものね。

で、肝心の撮影はというと――、
難しかったです。

これまで撮られる側の経験はしてますが、撮るのってほんと難しい、と実感しました。

まず、息子はパンづくりは2回目ですから、当然慣れておらず、作業の説明を聞きながら作ります。私も言葉でうまく伝わらないと手を出したくなるのだけれど、カメラ汚れるし・・・、と、悶々としながら撮っていました。プロセス写真なので「こいういう角度にして」とか「スローモーションに」など、様々な注文もします。息子はそれもまたむっとするみたいで――。
私も強い口調になるのを押さえ、スネないように、とにかくおだてて(笑)最後まで何とか撮り終えました。息はよく頑張ってくれました。


そんなどたばたの末、撮れた写真は、ピンボケがいっぱ〜い(笑)とほほです。

でも、
せっかく撮ったので、載せておきますね。
(Web用だからちょっと加工もできますし♪)


強力粉・きび砂糖・塩・イーストの入ったボウルに牛乳をジャ。
20070128_2.jpg

こねたり。
20070128_4.jpg

たたいたり。
20070128_3.jpg

大好きなキャラメルチョコチップをまぜて。
20070128_5.jpg

きれいに丸めて発酵。
20070128_6.jpg

発酵が終わりました。(写真なら3分クッキングより早いですね〜)
20070128_65.jpg

2つに分割して丸め直して。
20070128_7.jpg

型に入れて、また発酵。
20070128_8.jpg

ようやく焼ける状態になりました。牛乳を優しく塗って。
20070128_9.jpg

焼きあがり。「やった!」
20070128_a.jpg

いたって上機嫌の息子。自分で作ったパンは、ほんとに美味しそうに食べます。私も一緒ににっこり(^-^)です。


ところで、昨日、偶然にも、先生からメールが飛び込んできて、驚き(@_@)ました。たまたま何かの拍子に、ココを発見されたようで、足あと残してくださって。
もうほんと、ビックリ仰天とはこのことです。PCの前で固まる経験ははじめてです。
数ある駄目写真を見られてしまったかと思うと、恥ずかしいったら。

でも
今日はもう、すっきり切り替え(開き直ったとも言う)、この記事書いてマス。


posted by Mariko at 11:05| Comment(2) | パン
この記事へのコメント
こんにちは。

写真、とっても良い雰囲気ですよ〜(*^ ^*)
過程がとてもわかりやすいし
何よりお子様のパン作りがとってもお上手に見えます。
親子で楽しくクッキング・・・♪♪♪という感じが写真から伝わってきますよ(^^*)v
特に生地をたたいているところは躍動感たっぷり!
まりさんもお子様もお疲れ様でした^^

出来上がったパンの窯伸びの美しいこと・・
お子様に拍手拍手ですヾヾ(*^▽^*)
Posted by kayo at 2007年01月29日 21:07
■ kayo さん
楽しそうに見えますか〜?
やってる途中は焦ったりもどかしかったりで
楽しさは忘れて撮ってましたー。
でもこうして並んでいる写真を見ると
「やっぱ楽しかったかも」なんて思えてしまうのが
自分でも不思議なところです。
喉元過ぎれば熱さ忘れる、って感じかしら。
やっぱり一番頑張ったのは息子ですね・・・。
拍手、伝えておきます(^o^)
Posted by まりまり at 2007年01月30日 01:21